若い人に増えている病気|スマホ老眼の対策方法を徹底解剖

近くのものが見えにくい

目元

対策や予防法は

老眼というと、中高年以降の症状というイメージですが、最近はスマホ老眼という言葉が知られてきました。スマホ老眼は、老眼とよく似た症状で、近くのものが見えにくい、小さい字が読みづらく少し離すと見える、ピントが合いづらい、夕方になると見えにくいといったことが起こります。また、症状がひどくなると、眼精疲労を引き起こします。目だけでなく、肩こりや頭痛、吐き気といった他の部位への症状が出ることもあります。スマホの使い過ぎが原因といわれています。そのため、なるべくスマホを使用する際には、長時間の使用を避け定期的に目を休めるようにしましょう。目を酷使することで、より症状を悪化させてしまう危険があります。そうなる前に早めの予防をしておくことが大切です。また、目の血行をよくするために目の体操をしたり、蒸しタオルで目を温めたりすることもおすすめです。最近注目されているのが、目に良いといわれる成分を配合したサプリメントの摂取です。有名な成分として、ルテインやアントシアニンが挙げられます。ルテインには、網膜を活性酸素から守ったり、水晶体を守ることで白内障などの眼病の予防にも効果があるといわれています。アントシアニンは、強い抗酸化作用を持ち、視力回復や疲れを改善する効果があるといわれています。食事からでは毎日1日の必要量を摂取することが難しいため、バランスの良い食事をしながら、サプリメントで栄養を補うようにすることがおすすめです。

To Top