若い人に増えている病気|スマホ老眼の対策方法を徹底解剖

目を大切にするには

携帯

疲れ目解消の方法

スマホを所持する人が増えると同時に、スマホの使い過ぎによる疲れ目や老眼の進行が問題とされています。そのため、スマホによる疲れ目や老眼の進行を早めないためにも、きちんと対処法を把握しておきましょう。まず、一つ目の対処法が、スマホにブルーライトをカットするシートを張り付けることです。老眼や疲れ目の原因になるブルーライトを長時間浴び続けると眼球に悪影響を与えます。今やスマホなしでの生活は困難な時代なので、ブルーライトをできる限り浴びないようにシートで抑えておくと良いでしょう。二つ目は、ブルーライトを防ぐ眼鏡を着用することです。最近では、パソコンやスマホから発せられるブルーライトを遮断できる眼鏡がたくさんあります。しかも、格安の眼鏡店であれば、5000円ほどで手に入れることができるので、スペアの眼鏡として作ってみてもいいかもしれません。ブルーライトを防ぐ老眼鏡や子供用メガネなどもあるので、年齢に応じたものを購入するのが理想的です。三つ目は、疲れ目を防ぐ目の体操を定期的に行うことです。目の疲れは、眼球を長時間同じ方向に向けていることから起きているので、ある程度スマホやパソコンで作業をしたら、目を休める必要があります。そこでおすすめなのが、目の体操です。これまでは、視力回復を目的とした目の体操の本がたくさんありましたが、最近ではスマホアプリにも同じようなものがあるので、そちらも活用すると良いでしょう。できる限り、三つの方法をすべて使っていくのが理想的です。

To Top