若い人に増えている病気|スマホ老眼の対策方法を徹底解剖

目の健康のために

メガネとコンタクト

サプリで栄養を補う

40代を過ぎた中高年になると、遠いものはよく見えるのに、近いものが見えにくい、ピントが合いにくいということが起こります。加齢による老眼です。しかしながら最近、スマホ老眼という言葉が知られてきました。スマホが普及したことによって目を酷使し、それによって起こる老眼のような症状を指します。目を酷使することで、ピントを調整する筋肉が疲労するのです。スマホ老眼の特徴は、20代、30代の若い世代にも多いということです。注意したいのは、10代からそのような症状になると、目の成長の妨げになることもあります。深刻な症状になると、近視や乱視を誘発したり、頭痛や肩こり、吐き気といったひどい眼精疲労になったりすることがあります。予防、改善方法としては、スマホを使用するときは、長時間使用しない、40センチ以上の離して見る、といったことが挙げられます。目の体操をして、目の筋肉を鍛えるという方法もあります。その他、最近ではサプリメントの利用が薦められています。目を守る成分が配合されていることで、スマホ老眼の予防や改善に役立つとされています。特に配合される成分として有名なのがルテインです。ルテインは抗酸化作用が強く、紫外線やパソコンやスマホから発するブルーライトの影響を軽減する働きがあるとされています。サプリメントは食品で、副作用の心配もありませんし、手軽に摂取でき、継続して飲むことで目の疲れが改善されるといった口コミも多いです。

To Top