若い人に増えている病気|スマホ老眼の対策方法を徹底解剖

近くのものが見えにくい

目元

スマホの使いすぎが原因で、若い世代でも老眼のような症状が起きる、スマホ老眼になる人が増えています。ならないようにするためには、長時間のスマホ使用を避け、目の体操などをしながら、目に良いといわれる成分、ルテインやアントシアニンなどが配合されたサプリメントを摂取することがおすすめです。

もっと見る

目の健康のために

メガネとコンタクト

スマホを使いすぎることで目を酷使して起こる症状が、スマホ老眼です。若い世代にも多いのが特徴です。スマホを長時間使用するのを避け、目を離して使う他、目に良い成分が配合されたサプリメントを摂取することで、症状の予防や改善に役立ちます。

もっと見る

目を大切にするには

携帯

スマホの使い過ぎによる疲れ目や老眼を防ぐための方法は、ブルーライトを遮断するスマホ専用のシートを使ったり、ブルーライトを防ぐ眼鏡を着用したり、定期的に目を休ませるために目の体操をするなど工夫するのが理想的です。

もっと見る

若い世代に現れる老化現象

目元を触る女性

目が見えづらくなったら

老眼とは主に加齢によって起こる老化現象で、遠くのものに比べ近くの文字などが見えづらくなる症状が出ます。主な症状は近くのものが見えづらくなる、目のかすみや疲れ、肩こり・頭痛、暗いところで見えづらくなるなど多岐にわたります。だいたい40歳を過ぎた頃から誰でもなりうるとされていますが、スマホなどの使用によって若い世代でも老眼と同じ症状が出ることがあります。スマホを近くで長時間見続けることで目は近くにピントを合わせ続けることとなり、水晶体を調節する毛様体筋に負担がかかるため調節がうまくいかなくなっていきます。老眼を改善するためには老眼鏡や老眼用コンタクトレンズを使用するのが一般的ですが、スマホ老眼はスマホを使っていない時には老眼の症状が和らぐことが多いです。そのためスマホを使用する時は1時間に1回は休憩をとって目を休めることで老眼の予防につながります。目のストレッチも効果的です。眼球をゆっくり右回り・左回りそれぞれ3周回すストレッチを1日に3回ほど行うと目の疲れがほぐれます。他にも様々なストレッチがあるので、自分の生活に合うものを取り入れると良いでしょう。スマホを使用した時に目の疲れを感じたら、目を蒸しタオルで温めてリラックスさせる方法もおすすめです。温めることで目の付近の血流が良くなり、ピントを合わせる機能も働きやすくなります。他にも、様々な方法によって、老眼を予防することができるため、気になる人は一度調べてみるとよいでしょう。

To Top